書風、制作意図に合った紙を選ぶ。
紙選びは作品を造るための重要なプロセスです。種類もさる事ながら、形態も様々な「紙」。制作意図に合わせて、納得のいくまで選んで頂きたいと思います。

紙の知識
産地別の特徴

日本 → 機械漉きの半紙、画仙紙はその殆どが日本で製造されています。産地別では鳥取県の因州紙、愛媛県の伊予紙はにじみの少ない物が多いようです。他にも福井県の越前紙、高知県の土佐紙、島根県の石州紙などがあります。
中国 → 代表的なものは、本画仙と毛辺、白連などの竹紙です。
台湾 → 現在は台湾の製法、原料を用いて東南アジア(タイ、フィリピン、中国)などで製造しています。

画仙紙寸法(一例)

八ッ切(書初用紙)17.5cm×68cm
半切35cm×136cm
2×8(連落ち)53cm×227cm(1尺7寸5分×7尺5寸)
2.6×670cm×170cm(2尺3寸×5尺6寸)
3×683cm×174cm(2尺7寸5分×5尺7寸5分)
3×883cm×235cm(2尺7寸5分×7尺7寸5分)
4×4110cm×110cm(3尺6寸5分×3尺6寸5分)
※上記寸法以外がご入用の方はお問い合わせください。
※公募展用の用紙を発注される場合は、「ニハチ」などの通称ではなく、具体的に「00×00cmの紙」というように表現される事をお勧めします。

書道用品の業界では今も尺貫法が使われています。
1分=3.03mm
1寸=3.03cm
1尺=30.3cm

用紙の保存
和紙は湿気や直射日光を嫌いますので、日陰で湿度の低い場所での保存がお薦めです。保存さえ良ければ、漉きたての紙より数カ月数年経った紙のほうが墨色も冴え、墨の乗りも良くなります。
※お買い物の前に「特定商取引法に基づく表示」をよくお読みください。
掲載以外にも豊富に取り揃えておりますのでお気軽にお問い合わせください。